仮ナンバーを借りる 各種手続き

仮ナンバー(臨時ナンバー)を借りる方法・必要書類・費用まとめ

スポンサーリンク

このページでは、仮ナンバー(臨時ナンバー)を借りる手続方法について分かりやすく解説します。

仮ナンバー(臨時ナンバー)が必要なケース

以下のケースの場合は、仮ナンバーが必要です。

  • 車検の有効期限が切れた車を継続検査に出す時
  • 未登録自動車の新規検査・新規登録を受ける時
  • ナンバープレートの盗難で再登録を受ける時

通常、公道を運行することができない自動車の場合は、一時的な運行許可をもらえる仮のナンバープレートの手続きが必要です。

仮ナンバー(臨時ナンバー)の対象車両

  • 普通自動車
  • 小型自動車
  • 軽自動車
  • 大型特殊自動車(ロードローラー・ブルドーザーなど)
  • 二輪の小型自動車(車検対象バイク)

250cc以下の軽二輪バイク、小型特殊自動車、原付バイクは対象外です。

仮ナンバー(臨時ナンバー)を借りる手続き場所

市区町村の役所で手続きを行います。

出張所など小さい役所では、手続きを扱っていないことがあるため、事前に電話で確認しておきましょう。

仮ナンバー(臨時ナンバー)を借りる費用

750円

仮ナンバー(臨時ナンバー)を借りられる期間

約3日~5日です。

期間は役所によって異なるため、しっかりとご確認ください。

仮ナンバー(臨時ナンバー)を借りるための必要書類

  • 車検証 or 一時抹消登録証明書
  • 自動車臨時運行許可申請書
  • 自動車損害賠償責任保険証明書
  • 印鑑
  • 運転免許証

車検証 or 一時抹消登録証明書

原本が必要です。

有効期限の切れた車検証でもOKです。

自動車臨時運行許可申請書

役所の窓口にあります。

自動車損害賠償責任保険証明書

仮ナンバー使用期間中有効なもの。

原本が必要です。

もし有効期限が切れている場合は、加入する必要があります。

加入しないまま公道を走行すると、法律違反で罰せられます。

印鑑

認印でOKです。シャチハタはNG。

運転免許証

必ず持参しましょう。

仮ナンバー(臨時ナンバー)の返却方法

用が済んだら仮ナンバーを返却する必要があります。

返却方法は、基本的に窓口に出向くのが一般的ですが、郵送での返却に対応してくれる役所もあります。

合わせて役所にご確認ください。

仮ナンバー(臨時ナンバー)の注意点

申請ルート以外走行できないのでご注意ください。

万が一紛失・盗難にあった場合は、所轄の警察署と許可申請をした自治体に連絡します。

なお、盗難で警察に届出した場合を除き、返却できなかった場合は弁償金がかかります。

仮ナンバー(臨時ナンバー)はきちんと取り付けなければいけません。

車のダッシュボードに置いておくなどは認められていないため、必ず取り付けを行いましょう。

スポンサーリンク

関連記事も多く読まれています!

-仮ナンバーを借りる, 各種手続き

© 2021 ドライバーズナビ|免許証取得・更新・住所変更・紛失・再発行情報