沖縄県で運転免許の更新忘れ(うっかり失効・有効期限切れ)をした場合に再取得(更新)手続きする方法

https://driversnavi.com

沖縄県で運転免許証の更新手続きを忘れてしまい、有効期限が過ぎてうっかり免許を失効して困った時の更新手続き方法をご紹介します。

免許証の有効期限が過ぎて運転すると無免許運転となりますのでご注意ください。

うっかり失効された方はご参考ください。

沖縄県で運転免許の更新忘れ(うっかり失効・有効期限切れ)した場合に再取得手続きする方法

沖縄県内での運転免許更新対象者が更新手続きを忘れた場合は、運転免許センターや安全運転学校各分校、指定駐在所で再取得の手続きができます。

必要な持ち物、手数料などの手続き方法は

  • 【やむを得ない理由なし】失効後6か月以内に更新する場合
  • 【やむを得ない理由なし】失効後6か月〜1年以内に更新する場合
  • 【やむを得ない理由あり】失効後6か月以内に更新する場合
  • 【やむを得ない理由あり】失効後6か月を超えて3年以内に更新する場合

によって若干異なります。該当する部分をご確認ください。

【やむを得ない理由なし】失効後6か月以内に更新する場合(うっかり失効)

海外旅行、入院、在監、公安委員会がやむを得ないと認める事情がなく、運転免許証の有効期間が過ぎてから6か月以内の場合は以下です。

  • 仮免許試験
  • 本免許試験の学科試験
  • 技能試験

が免除です。

視力などの「適性試験」と「講習」のみで免許証を再交付してもらえます。

手続き場所と受付時間

場所時間曜日
沖縄県警察運転免許センター8:30-9:30月〜金
安全運転学校(中部分校)8:30-9:30
13:00-13:30
安全運転学校(北部分校)8:30-9:30
安全運転学校(宮古分校)
安全運転学校(八重山分校)
指定駐在所
(久米島・北大東・南大東
粟国・渡名喜・渡嘉敷
座間味・伊江・伊是名
伊平屋・多良間・与那国
大原・波照間)

土曜、日曜、祝休日、年末年始(12月29日から1月3日まで)は休業

高齢者講習対象の方は、午前8時30分~午前11時30分と午後1時~午後4時30分に受付しています。

必要な持ち物

  • 本籍が記載された住民票(申請日の6ヶ月以内に発行したもの)
  • 失効した運転免許証
  • 申請用写真1枚(3cm×2.4cm)
  • 本人確認書類(健康保険証・パスポートなど)
  • 高齢者講習終了証明書等(有効期間満了日の日の年齢が70歳以上の方)

日本に住民登録がない場合は以下の書類が全て必要です。

  • 戸籍抄本
  • 滞在先の外国のビザ(滞在カードやグリーンカード等)
  • 一時滞在証明書(証明する住所は「沖縄県内」に限る)
  • 証明者の身分証明書(運転免許証・健康保険証等、住所と氏名が記載されているもの)の両面コピー
  • 証明者と申請者との親族関係を証明する書類(住民票除票や戸籍関係の書類など)

一時滞在証明書はこちらからダウンロードできます。

手数料

  • 試験手数料:1種目ごとに1,900円
  • 講習手数料(優良運転者:500円、一般運転者:800円、違反運転者・初回更新者:1,350円)
  • 交付手数料 2,050円(2種目以上の場合、1種目追加ごとに併記手数料200円追加)

注意点

手続きできるのは本人のみです。代理人による失効手続はできません。

【やむを得ない理由なし】失効後6か月〜1年以内に更新する場合(うっかり失効)

海外旅行、入院、在監、公安委員会がやむを得ないと認める事情がなく、運転免許証の有効期間が過ぎてから6か月を超えて1年以内の場合は以下です。

直接免許証を復活することはできません。

仮免許のみ学科試験・技能試験免除で取得することができます。

仮免許取得後、本免許の受験が必要です。

手続き場所と受付時間

場所時間曜日
沖縄県警察運転免許センター8:30-11:30
13:00-16:30
月〜金
安全運転学校(中部分校)
安全運転学校(北部分校)
安全運転学校(宮古分校)
安全運転学校(八重山分校)
指定駐在所
(久米島・北大東・南大東
粟国・渡名喜・渡嘉敷
座間味・伊江・伊是名
伊平屋・多良間・与那国
大原・波照間)

土曜、日曜、祝休日、年末年始(12月29日から1月3日まで)は休業

必要な持ち物

  • 本籍が記載された住民票(申請日の6ヶ月以内に発行したもの)
  • 失効した運転免許証
  • 申請用写真2枚(3cm×2.4cm)

日本に住民登録がない場合は以下の書類が全て必要です。

  • 戸籍抄本
  • 滞在先の外国のビザ(滞在カードやグリーンカード等)
  • 一時滞在証明書(証明する住所は「沖縄県内」に限る)
  • 証明者の身分証明書(運転免許証・健康保険証等、住所と氏名が記載されているもの)の両面コピー
  • 証明者と申請者との親族関係を証明する書類(住民票除票や戸籍関係の書類など)

一時滞在証明書はこちらからダウンロードできます。

手数料

計2,700円

内訳は以下です。

  • 申請手数料 1,550円
  • 交付手数料 1,150円

注意点

手続きできるのは本人のみです。代理人による失効手続はできません。

【やむを得ない理由あり】失効後6か月以内に更新する場合

海外旅行、入院、在監、公安委員会がやむを得ないと認める事情があり、運転免許証の有効期間が過ぎてから6か月以内の場合は以下です。

  • 仮免許試験
  • 本免許試験の学科試験
  • 技能試験

が免除です。

視力などの「適性試験」と「講習」のみで免許証を再交付してもらえます。

手続き場所と受付時間

場所時間曜日
沖縄県警察運転免許センター8:30-9:30月〜金
安全運転学校(中部分校)8:30-9:30
13:00-13:30
安全運転学校(北部分校)8:30-9:30
安全運転学校(宮古分校)
安全運転学校(八重山分校)
指定駐在所
(久米島・北大東・南大東
粟国・渡名喜・渡嘉敷
座間味・伊江・伊是名
伊平屋・多良間・与那国
大原・波照間)

土曜、日曜、祝休日、年末年始(12月29日から1月3日まで)は休業

高齢者講習対象の方は、午前8時30分~午前11時30分と午後1時~午後4時30分に受付しています。

必要な持ち物

  • 本籍が記載された住民票(申請日の6ヶ月以内に発行したもの)
  • 失効した運転免許証
  • 申請用写真1枚(3cm×2.4cm)
  • 本人確認書類(健康保険証・パスポートなど)
  • 高齢者講習終了証明書等(有効期間満了日の日の年齢が70歳以上の方)

日本に住民登録がない場合は以下の書類が全て必要です。

  • 戸籍抄本
  • 滞在先の外国のビザ(滞在カードやグリーンカード等)
  • 一時滞在証明書(証明する住所は「沖縄県内」に限る)
  • 証明者の身分証明書(運転免許証・健康保険証等、住所と氏名が記載されているもの)の両面コピー
  • 証明者と申請者との親族関係を証明する書類(住民票除票や戸籍関係の書類など)

一時滞在証明書はこちらからダウンロードできます。

手数料

  • 試験手数料:1種目ごとに1,900円
  • 講習手数料(優良運転者:500円、一般運転者:800円、違反運転者・初回更新者:1,350円)
  • 交付手数料 2,050円(2種目以上の場合、1種目追加ごとに併記手数料200円追加)

注意点

手続きできるのは本人のみです。代理人による失効手続はできません。

【やむを得ない理由あり】失効後6か月を超えて3年以内に更新する場合

海外旅行、入院、在監、公安委員会がやむを得ないと認める事情があり、運転免許証の有効期間が過ぎてから6か月から3年以内の場合は以下です。

  • 仮免許試験
  • 本免許試験の学科試験
  • 技能試験

が免除です。

視力などの「適性試験」と「講習」のみで免許証を再交付してもらえます。

手続き場所と受付時間

場所時間曜日
沖縄県警察運転免許センター8:30-9:30月〜金
安全運転学校(中部分校)8:30-9:30
13:00-13:30
安全運転学校(北部分校)8:30-9:30
安全運転学校(宮古分校)
安全運転学校(八重山分校)
指定駐在所
(久米島・北大東・南大東
粟国・渡名喜・渡嘉敷
座間味・伊江・伊是名
伊平屋・多良間・与那国
大原・波照間)

土曜、日曜、祝休日、年末年始(12月29日から1月3日まで)は休業

高齢者講習対象の方は、午前8時30分~午前11時30分と午後1時~午後4時30分に受付しています。

必要な持ち物

  • 本籍が記載された住民票(申請日の6ヶ月以内に発行したもの)
  • 失効した運転免許証
  • 申請用写真1枚(3cm×2.4cm)
  • 本人確認書類(健康保険証・パスポートなど)
  • 高齢者講習終了証明書等(有効期間満了日の日の年齢が70歳以上の方)
  • やむを得ない理由を証明する書類

日本に住民登録がない場合は以下の書類が全て必要です。

  • 戸籍抄本
  • 滞在先の外国のビザ(滞在カードやグリーンカード等)
  • 一時滞在証明書(証明する住所は「沖縄県内」に限る)
  • 証明者の身分証明書(運転免許証・健康保険証等、住所と氏名が記載されているもの)の両面コピー
  • 証明者と申請者との親族関係を証明する書類(住民票除票や戸籍関係の書類など)

一時滞在証明書はこちらからダウンロードできます。

日本に住民登録がない場合は、戸籍抄本と居住証明書が必要です。

居住証明書は、住所設定地に居住されている方の証明と、その方の免許証コピーか住民票が必要です。

やむを得ない理由・期間を証明する書類は、入院証明書、診断書、出入国を確認できるパスポートいずれか1点必要です。

入院証明書、診断書は、病名(症状)、初診日、入院治療期間、作成日等が入った原本が必要です。

入院治療期間は、「○○年○○月○○日から○○年○○月○○日まで」と期間が明記されたものが必要です。

パスポートはスタンプ(出入国記録)が押印されているものが必要です。

出入国の際、自動化ゲートを利用した場合などは、スタンプが押印されていないので、法務省から出入(帰)国記録を取得してください。

手数料

  • 試験手数料:1種目ごとに1,900円
  • 講習手数料(優良運転者:500円、一般運転者:800円、違反運転者・初回更新者:1,350円)
  • 交付手数料 2,050円(2種目以上の場合、1種目追加ごとに併記手数料200円追加)

注意点

手続きできるのは本人のみです。代理人による失効手続はできません。

運転免許証の有効期限までに更新の手続きをしなかった場合は更新するまで運転はNG

運転免許証の有効期限を過ぎると失効となります。

失効期間中は無免許状態となるため、車を運転してはいけません。

まとめ

運転免許証をうっかり失効させてしまっても焦る必要はありません。

落ち着いて再取得手続きを行いましょう。

安くて質の高い車の非公開情報を入手してみませんか?

車探しのプロが安くて質の高い車を希望に合わせて見つけてくれるサービスがあります。

ネットに出回っていない非公開車両の情報を厳選して探してくれるので大人気です。

しかも質が高いのに安いです。近所の車屋さんではなかなか出会えないものばかり。

だからこそ、知る人ぞ知る大人気サービスでリピーターも多数!

非公開車両の情報を入手する方法はとても簡単。

欲しい車の希望条件を登録して、待っているだけ。登録はわずか1分足らずでできます。

しかも登録料が無料なので、損をすることは一切ありません。

むしろ登録しておかない方が損をするほどです。

車を上手に見つけている多くの人がこっそり利用していますよ。

>>>今すぐ安くて質の高い車の非公開情報を入手してみる

スポンサーリンク

関連記事も多く読まれています!

-うっかり失効・有効期限切れ, 沖縄県, 運転免許手続きを探す

© 2021 ドライバーズナビ|免許証取得・更新・住所変更・紛失・再発行・中古車買取・車検・自動車保険情報