運転免許証に必要な持ち込み証明写真を30円で用意する方法とサイズなどの詳細を解説【何度でも撮り直しOK】

運転免許証の更新時など、自分の好きな写真を持ち込んで運転免許証の写真に使うことができます。

そこで、当記事では証明写真を30円で用意する方法をご紹介します。

この方法で証明写真を用意すれば、一般的な証明写真の撮影にかかる600~1,000円に比べ、とてもお得です。

しかも何回も撮り直せるので、写真撮影に失敗することなく、自分が納得いくまで無料でできます!

ちなみに、自宅にプリンターが無くてもOK!

しかも手順は4ステップだけ。とても簡単です。

  • ①:スマホで証明写真専用の無料アプリをダウンロードする
  • ②:スマホで顔写真を撮影する
  • ③:写真をコンビニで印刷するのに必要なスマホアプリをダウンロードする
  • ④:コンビニのコピー機で印刷する

具体的なやり方をご紹介します。

ステップ①:スマホで証明写真専用の無料アプリをダウンロードする

iPhoneでもAndroidでも証明写真のサイズで撮影できる専用の無料アプリが存在します。

カメラアプリとはいえ、かなり質が良く、街中にある写真撮影の機械よりも画質のいい写真が撮影できます。

しかも美肌加工もクマ消しもできるようになっているため、キレイな写真に仕上げること可能!

証明写真向けのカメラアプリは複数ありますが、その中でもおすすめなのが「かんたん・キレイな証明写真 ~ 履歴書カメラ ~」です。

無料アプリなので、ダウンロードして操作感を確認してみてください。

「え?これあるなら街中の証明写真の機械いらないじゃん!」と思ってしまうクオリティです。

ステップ②:スマホで顔写真を撮影する

「かんたん・キレイな証明写真 ~ 履歴書カメラ ~」をダウンロードしたら、証明写真に使う顔写真を撮影しましょう。

  • 自撮りに慣れている人:自撮りで撮影する
  • 自撮りに慣れていない人:誰かに撮影してもらう

でOK!

自分のスマホで無料アプリを使って撮影するので、写真撮影自体には料金がかかりませんし、何度でも撮り直すことができます。

もし証明写真の撮影において、以下のグッズがあるととても便利です。

証明写真の撮影を便利にしてくれるグッズ

リモコン付き三脚

リモコン付きの自撮り棒なので、セルフタイマーを使わずに、好きなタイミングでシャッターを押せて便利です。

白い背景

自宅の環境によっては、無背景にするのが難しいと思います。

そんな時は手軽に無背景にできるグッズがあると、自宅で簡単に無背景環境を用意できます。

照明

顔写真をキレイにするテクニックは照明の光です。

照明機材があると、よりキレイな写真が撮影できます。

ステップ③:写真をコンビニで印刷するのに必要なスマホアプリをダウンロードする

証明写真が用意できたら、コンビニで印刷するのに必要なスマホアプリをダウンロードしましょう。

  • セブンイレブンの場合:netprint写真かんたんプリント
  • ローソン・ファミリーマートの場合:PrintSmash(プリントスマッシュ)

netprint写真かんたんプリント: iPhone用 / Android用

PrintSmash(プリントスマッシュ): iPhone用 / Android用

価格比較するとセブンイレブンが最安値

各コンビニの料金は以下です。

コンビニ名料金
セブンイレブン30円
ローソン200円
ファミリーマート200円

価格を比較するとセブンイレブンが一番安いです。

セブンイレブンの印刷機能は、通常ならユーザー登録をしなければ印刷ができないですが、「netprint写真かんたんプリント」のアプリを経由して印刷すれば、登録不要で印刷できて便利です。

ステップ④:コンビニのコピー機で印刷する

最後にコンビニのコピー機で印刷します。

セブンイレブンが安くておすすめです。

セブンイレブンで印刷する場合は、現金か電子マネー(nanaco)で支払えます。

自分で用意した証明写真を撮る際の注意点・ルール

自分で用意する証明写真には決まりがあります。

  • 申請日前6か月以内に撮影したもの
  • 無帽(免許申請者が宗教上又は医療上の理由により顔の輪郭を識別することができる範囲内において頭部を布等で覆う者である場合を除く)
  • 正面、上三分身のもの
  • 無背景のもの
  • サイズは縦3cm、横2.4cmのもの
  • カラーコンタクト(サークルレンズ等縁に色がついているものを含む)を着用していないもの
  • 眼鏡のフレームや髪の毛で瞳がわかりにくいものはNG
  • 上三分身でないものはNG
  • 上半身裸又は裸のように見える服装はNG
  • カツラやスカーフ、修正された写真などはNG

という条件があるので、各都道府県の決まりを把握した上で用意しましょう。

なお、病気等でやむを得ない理由がある場合は、顔の輪郭がわかるような帽子、カツラ、スカーフの着用を認められています。

まとめ

証明写真を持ち込む場合は、スマホで写真を撮影し、コンビニで印刷するのがおすすめです。

上手に活用してくださいね。

関連:運転免許証の更新方法・場所一覧

スポンサーリンク

関連記事も多く読まれています!

-うっかり失効・有効期限切れ, 国外運転免許, 運転免許再発行, 運転免許手続きを探す, 運転免許更新, 運転経歴証明書

© 2021 ドライバーズナビ|免許証取得・更新・住所変更・紛失・再発行・中古車買取・車検・自動車保険情報