各種手続き 自動車・バイクの車検証再交付

普通車の車検証を再発行をするやり方・必要書類・費用まとめ

スポンサーリンク

当記事では普通自動車の車検証を再発行する方法について分かりやすく解説します。

車検証を紛失・汚損するとどうなる?

車検証(自動車検査証)は、公道を運転する時に携帯することが道路運送車両法第66条第1項の法律で義務づけられています。

車検証が紛失・汚損した状態で公道を運転していると、罰則の対象になるので要注意です。

罰則だけではなく、名義変更住所変更、保険会社を変更する際などの手続きがスムーズに出来なくなります。

  • 盗難などで紛失してしまった
  • 飲み物をこぼして汚損してしまった

など思わぬトラブルで車検証を紛失・汚損した場合は、再発行してもらいましょう。

普通自動車の車検証の再発行を行う全体像と流れ

自動車の車検証を再発行する場合の全体像と流れは以下のとおりです。

  • 車検証再発行に必要な書類に記入する
  • 車検証再発行に必要な費用を準備する
  • 運輸支局で手続きをする

普通自動車の車検証を再発行をする場所

住所地を管轄する運輸支局にて手続きを行います。

どこに運輸支局があるのか分からない場合は、下記記事で全国の運輸支局一覧から検索してみてください。

関連:【各都道府県別】運輸支局(陸運局)・自動車検査登録事務所の所在地と管轄エリアまとめ

普通自動車の車検証再発行に必要な書類

普通自動車の車検証再発行に必要な書類は以下です。

  • 車検証
  • 自動車検査証再交付申請書
  • 手数料納付書
  • 理由書
  • 本人確認ができる書類
  • 委任状

一つずつ詳しく解説します。

車検証

車検証を紛失している場合は不要です。

汚損や破れなどがある場合は持参しましょう。

自動車検査証再交付申請書

OCR シートの第3号様式が必要です。

書類は、住所地を管轄する運輸支局で手に入れるか国土交通省のホームページからダウンロードできます。

リンク:自動車検査証再交付申請書をダウンロードする

手数料納付書

自動車検査登録印紙を添付します。印紙代は300円です。

運輸支局で手続きの際に入手できるので、事前準備は不要です。

理由書

車検証の再発行の際の理由を提出するために必要な書類です。

運輸支局で手続きの際に入手できるので、事前準備は不要です。

本人確認ができる書類

運転免許証、健康保険証、パスポートなど、顔写真付で氏名と住所が確認できる身分証明書が必要です。

委任状

本人以外の代理人が手続きを行う場合は必要です。

本人が手続きを行う場合は不要です。

普通自動車の車検証再発行にかかる費用

検査登録印紙代の300円です。

車検証の再発行は代行業者に依頼可能

車検証の再発行は、月曜日から金曜日の夕方午後4時までです。

時間を確保できない場合は、代行業者に依頼しましょう。

  • ディーラー
  • 中古車販売店
  • 車検業者

などに依頼すれば代行で再発行してもらえます。

もちろん代行業者に代行手数料を支払う必要があるため、最寄りの代行業者にお問い合わせしてみてください。

スポンサーリンク

関連記事も多く読まれています!

-各種手続き, 自動車・バイクの車検証再交付

© 2021 ドライバーズナビ|免許証取得・更新・住所変更・紛失・再発行情報