違反運転者(ブルー免許)とは?免許更新期間や講習時間などの特徴を解説

運転免許証に記載されている「違反」という表記は一体何なの?と疑問に思ったことはありませんか。

そこで当記事では、違反運転者(ブルー免許)の特徴やデメリットについて分かりやすくご紹介します。

「違反運転者」の特徴

違反運転者とは、運転免許証の階級の1つです。

対象者は以下のとおりです。

  • ①:違反が複数回ある人

  • ②:怪我のある事故を起こしてしまった人

上記を一つでも満たした方は違反運転者となります。

違反についてはこちらをご確認ください。

交通違反での免許証の違反点数と反則金・罰金一覧まとめ

メモ

事故は人身事故のみが判定対象です。物損事故の場合は、違反点数がないため判定に影響しません。

「違反運転者」のデメリット3つ

違反運転者となれば、以下3つのデメリットが生じます。

  • ①:運転免許証の有効期間が短くなる
  • ②:運転免許証の更新手数料が高くなる
  • ③:運転免許証更新時の講習時間が長くなる

それぞれ詳しく解説します。

メリット①:運転免許証の有効期間が短くなる

優良運転者や一般運転者は有効期間が5年です。

しかし、違反運転者になってしまうと有効期間が3年になります。免許証を取ったばかりの初回更新者と同じです。

運転免許証の有効期間が短くなると、更新手続きをする頻度が増え、手間と時間、お金がかかるようになります。

メリット②:運転免許証の更新手数料が高くなる

どれくらい運転免許証の更新手数料が高くなるのか?分かりやすく表にまとめてみました。

区分料金
優良運転者3,000円
一般運転者3,300円
違反運転者3,850円
初回更新者3,850円

上記表のとおり、優良や一般に比べて更新手数料が数百円高くなります。

③:運転免許証更新時の講習時間が長くなる

どれくらい運転免許証更新時の講習時間が長くなるのか?分かりやすく表にまとめてみました。

区分講習時間
優良運転者30分
一般運転者1時間
違反運転者2時間
初回更新者2時間

上記表のとおり、優良や一般に比べて更新時の講習時間が長くなります。

優良運転者(ゴールド免許)になるにはどうしたらいい?

優良運転者(ゴールド免許)になると、自動車保険料が安くなるなど様々なメリットが受けられます。

優良運転者(ゴールド免許)になる方法は下記記事でまとめています。

関連:優良運転者(ゴールド免許)とは?免許更新の期間や講習時間・自動車保険のメリットを解説

スポンサーリンク

関連記事も多く読まれています!

-運転免許手続きを探す

© 2021 ドライバーズナビ|免許証取得・更新・住所変更・紛失・再発行・中古車買取・車検・自動車保険情報