豊田郡で運転免許証を更新する方法|必要な持ち物・受付時間・期間

このページでは、広島県豊田郡で運転免許証を更新する方法をご紹介します。

なお、運転免許証の「有効期限切れ」や「うっかり失効」による更新・再取得は、手続きや料金などが違うため、こちらをご確認ください。

関連:広島県で運転免許のうっかり失効(有効期限切れ)をした場合に再取得(更新)手続きする方法

【豊田郡版】運転免許証の更新手続きが行える場所・受付時間・条件

豊田郡内に運転免許証の更新ができる施設がありません。

そのため、近隣の施設で手続きをしてください。

豊田郡以外の施設

各運転免許センター

講習区分関係なく、各運転免許センターでも手続き可能です。

その他の施設(警察署・分庁舎)

広島県では、以下の施設でも更新手続きが可能です。

優良・高齢区分の方はどこでも手続きできますが、一般・違反・初回区分の方は免許証の住所地を管轄する警察署のみです。

対応施設
警察署海田、安芸高田、江田島、大竹、呉、広、庄原、世羅、竹原、東広島、福山北、府中、三原、三次、山県
分庁舎因島、音戸

関連:広島県で運転免許証の更新ができる施設一覧(運転免許センター・警察署・分庁舎)

講習時間

  • 優良運転者講習対象者(ゴールド免許):30分
  • 一般運転者講習対象者(ブルー免許):1時間
  • 違反者運転者講習対象者(ブルー免許):2時間
  • 初回更新者講習対象者(グリーン免許):2時間
  • 高齢者講習受講者済者

補足

免許証住所が広島県ではなく広島県に居住ならびに滞在している場合は、住所を変えずに広島県で「経由地申請」という手続きが可能です。

それでは更新に必要な書類や持ち物、手数料などの詳細を解説していますので、ぜひご覧ください。

免許証の更新申請場所と受付時間

運転免許証の更新申請場所と受付時間は

によって異なりますので、しっかり確認して間違いが無いようにご確認ください。

運転免許センター以外は日曜の受付はしていません。

そして、どの施設でも土曜日、祝日、振替休日及び年末年始(12月29日~1月3日)は受付をしていません。

年末年始、ゴールデンウィーク、お盆等の期間中の平日及び日曜日、並びに期間前後は、特に混雑するので注意が必要です。

詳細は「免許証の更新申請場所と受付時間」で詳しく解説しています。

広島県豊田郡民が運転免許証を更新する際に必要な種類・持ち物

広島県豊田郡に住民登録がある人の免許証更新に必要な持ち物・必要書類は以下の通りです。

  • 運転免許証
  • 運転免許証更新連絡書(はがき)
  • 更新手数料(2,500〜3,850円)
  • 証明写真(各警察署で更新する場合のみ)
  • 眼鏡・補聴器等(必要な人のみ)
  • 高齢者講習終了証明書(更新時70歳以上の人のみ)

詳細は「広島県で運転免許証を更新する方法」で詳しく解説しています。

更新通知書が来ていないけど更新したい場合は?

急な海外転勤が決まったり、出産などの都合で更新通知書が来ていないけど、事前に更新したい場合は運転免許センターにお問い合わせください。事前更新可能です。

運転免許関連の手続き一覧

広島県内で手続き可能な事をまとめています。それぞれ詳しく知りたい事がありましたらご覧ください。

本籍が広島県以外の人でも住民票の住所が広島県内にあれば、広島県内の運転免許センター及び各警察署(一部手続きを除く)で手続きが可能です。住民票をお確かめくださいませ。

スポンサーリンク

関連記事も多く読まれています!

-広島県, 運転免許センター・試験場を探す, 運転免許更新

© 2022 ドライバーズナビ|免許証取得・更新・住所変更・紛失・再発行・中古車買取・車検・自動車保険情報