農機具買取業者のおすすめランキング|トラクター・コンバイン・田植機などを高く売る方法

くるま君

  • 「どこに農機具の買い取りを依頼すればいいのかわからない」
  • 「できれば1円でも高く売る方法を知りたい」
  • 「古くなった農機具・壊れた農機具の処分方法が分からない」

という疑問にお答えします。

トラクターやコンバイン、田植え機などの農機具は農機具買取の専門業者を利用することで高値で買い取ってくれます。

たとえ古い農機具や壊れた農機具でも、状態関係なく売れるので、処分費用を支払って処分するのはもったいないです。

そのため、農機具買取の専門業者を利用して売却しましょう。

まずは、結論から先に農機具を買取してくれるおすすめの買取業者を挙げておきます。

トラクターやコンバイン、田植え機などの農機具を売却する際の注意点、対象車両、高く売れるコツと業者の選び方、おすすめした業者の理由を分かりやすく解説します。

農機具(トラクター・コンバイン・田植え機など)を売却する際の注意点は3つ

  • ①:1日でも早く売却する
  • ②:泥などを落としてキレイに掃除をする
  • ③:定期的に点検・整備・メンテナンスに出していることを証明できるものを用意する

それぞれ詳しく解説します。

注意点①:1日でも早く売却する

農機具は1日でも早く売却するのが高値で売れるポイントです。

理由は、農機具を動かさずに放置しておくと、エンジンがかからなくなってしまうと価値が落ちてしまいます。

また、年式が古くなってしまうと買取額がどんどん安くなっていってしまうからです。

買取額が安くなってしまうと、買い替えの軍資金が目減りしてしまいますし、農機具の価格自体も上がるとトータルで損をしてしまいます。

そのため、使わなくなった中古農機具、部品等がある場合は、なるべく早めに売却しましょう。

注意点②:泥などを落としてキレイに掃除をする

農機具の買取を依頼する際に、泥などの汚れを落とさずに買い取ってもらうこともできます。

しかし、泥などの汚れがあると細かい部分を確認できないため、正確に査定をすることができず、買取額が安くなってしまうことがあります。

そのため、1円でも高く売りたい場合は、泥などの汚れを落としてキレイに掃除しましょう。

ただし、掃除をしていないからという理由で買い取ってもらえないことはないので、掃除するのが面倒な場合は汚れをそのままにしておいても問題ありません。

注意点③:定期的に点検・整備・メンテナンスに出していることを証明できるものを用意する

一般的な車の買取と同じで、定期的に点検・整備・メンテナンスに出している車両は査定評価がプラスになります。

そのため、定期的に点検・整備・メンテナンスに出していた場合は、証明できる書類を用意しましょう。

ただし、定期的に点検・整備・メンテナンスに出していないからという理由で買い取ってもらえないことはないので、照明できる書類がなくても問題ありません。

農機具(トラクター・コンバイン・田植え機など)を高額査定買取してもらうコツは3つ

農機具を高く売るには、業者の選び方とコツが重要です。

以下3つのポイントを抑えておきましょう。

  • ①:農機具専門の買取業者を選ぶ
  • ②:複数業者に見積もりをしてもらう
  • ③:交渉をする

順を追って解説します。

コツ①:農機具専門の買取業者を選ぶ

「餅は餅屋」という言葉があるように、農機具の売却は農機具買取専門にしている買取業者を選ぶのが鉄則です。

車の買取業者には、細かく見ると様々な専門があります。

  • 国産車の買取が強い業者
  • 軽自動車の買取が強い業者
  • 外車の買取が強い業者
  • バイクの買取が強い業者
  • トラックの買取が強い業者
  • 重機の買取が強い業者

など、農機具以外に様々な車種を専門にしている業者が存在します。

専門にしている車種は高く買い取ってくれますが、専門外の車種は安く買い叩かれたり、買取を断られることがあります。

そのため、農機具を売る場合は、農機具を専門に買取している業者を選びましょう。

コツ②:複数の買取業者に見積もりをしてもらう

農機具を専門に買い取ってくれる業者に絞り込むと、実はそこまで数多く存在しません。

だからと言って、査定見積もりを1社だけにするのはかなりもったいないです。

なぜなら、買取業者によっては、自社の利益しか考えず、適正価格からかけ離れた二束三文の買取額を提示してくる業者もいます。

1社のみの査定だと、他と比較できないため、足元を見た査定をされても安く買い叩こうとしているのか判断できず、本来の価値よりも安い価格で農機具を売却することになり損をしてしまいます。

買取価格が0円でもいいからすぐに処分したいという場合は、1社だけの見積もりで十分でしょう。

しかし、出来るなら少しでも高く売りたいと思うなら、複数業者に査定見積もりをしてもらい、査定結果を比較して売るのがおすすめです。

とはいえ「そもそも自分が住んでいる地域に農機具の買取業者なんてたくさんいるの?」と疑問を抱くかもしれません。

全国対応している農機具専門の買取業者がいるので問題なしです。

また、農機具専門の買取業者は、一般的な中古車買取店や一括査定サイトのように、強い営業電話もないので気軽に利用できます。

コツ③:交渉をする

複数の買取業者に見積もりしてもらうことで、各社の査定額を知ることができます。

査定で提示された金額を使って価格交渉をすれば、最初に提示された買取金額より高値で売れる可能性が大きくなります。

交渉の手順は以下3ステップです。

  • ①:複数の買取業者に査定をしてもらう
  • ②:各社の買取価格を比べて比較する
  • ③:査定金額が安い業者から順番に「〇〇社では▲▲▲万円でしたがもうひと頑張りできませんか?」と聞いてみる

交渉と言っても難しいことをする必要はありません。

例えば、トラクターの査定を3社に見積もりをしてもらったとします。

A社:100万円、B社:80万円、C社:75万円という査定金額が出ました。

75万円の査定金額を提示してきたC社は、利益を多く出すために、わざと低い金額を提示している可能性があります。

なので、75万円で査定金額を出してきた業者に対し「他社だと100万円高く買い取ってくれると言っていましたが、もうひと頑張りできませんか?」など、競合他社での具体的な査定価格を提示してみます。

すると、75万円の査定金額から100万円以上にアップしてくれることがあります。

あくまでもこれは一例ですが、交渉をすることで当初の査定金額より高くしてもらい、より高く農機具を売ることができる可能性があります。

価格交渉を行うためには複数の買取業者での査定金額を知っている必要があるので、複数の買取業者の査定金額を知ることが農機具を高く売ることに繋がります。

買取対象の農機具例

トラクターコンバイン耕運機
田植機代かき機バインダー
ハーベスター乾燥機播種機
野菜移植機野菜収穫機ロールベーラー
ヘイベーラーマニュアスプレッダー保温機

上記は買取対象の農機具の一例です。

他にも様々な農機具を買い取ってくれるので「この農機具も買い取ってくれるかな?」と疑問に思う場合は、買取の見積もりを出してもらってみてください。

農機具のおすすめ買取業者

農機具のおすすめ買取業者は以下3社です。

できれば上記で挙げた3社を利用して見積もり出してもらい、買取金額の比較をするのが賢い売り方です。

それぞれの業者の特徴とおすすめポイントをご紹介します。

おすすめ①:「農機具買取査定君」便利な一括査定

おすすめ度:

【農機具買取査定君】は、農機具の買取業者を最大5社に一括査定できます。

一括で複数業者に見積もりを出せるので「買取業者1社1社に見積もり依頼出すのが面倒くさい…」という方にピッタリです。

農機具買取査定君は、ゼネラルリサーチ調べで、顧客満足度・買取価格満足度・価格満足度の三部門でNo.1を獲得するほど実績のある業者です。

会社の実態としても東証上場企業なので、安心して利用できます。

満足度も高いことから、思わぬ高値がつく可能性が一番期待できます。

査定費も出張費も無料です。

対応エリアが日本全国なので、地方に住んでいる方でも問題なく利用できます。

公式:【農機具買取査定君】

おすすめ②:「DMM農機」圧倒的高価買取で即日現金払い可能

おすすめ度:

DMM農機は、売却した農機具のお金を即日現金払いしてくれます。

またホームページで「圧倒的高価買取」と記載しています。

その背景には、全国の種苗店や農事組合法人、農業法人と連携し、豊富な情報網を活用して最新の中古市場のニーズを掴んでいるため、高価買取を実現。

自社で農機具の中古車を販売しているのも強みです。

古い年式、型落ち、故障、長年動かしていなくても買取してくれるので、買取範囲が幅広いです。

査定見積もり結果が出るまでのスピードは、出張査定にきてもらうため、お申込みから最短翌日です。

査定費、出張費も無料です。

対応エリアが日本全国なので、地方に住んでいる方でも問題なく利用できます。

公式:DMM農機

おすすめ③:「農機具王」買取累計3万人の実績あり

おすすめ度:

【農機具王】は、DMM農機同様に売却した農機具のお金を即日現金払いしてくれます。

査定見積もり結果が出るまでのスピードは、出張査定にきてもらうため、お申込みから最短翌日です。

古い年式、型落ち、故障、長年動かしていなくても買取してくれるほか、部品なども買取範囲です。

全国に19店舗があり、店舗数は国内最大級。

店舗がない都道府県でも、日本全国が対応エリアなので、地方に住んでいる方でも問題なく利用できます。

DMM農機同様に査定費、出張費も無料です。

公式:【農機具王】

まとめ

農機具は「1日でも早く売却する」を心がけてください。

農機具の買取業者選びは、農機具買取専門の複数業者に見積もりをしてもらうのがベストな選択です。

そして、少しでも高く売りたい場合は、ぜひ複数社の査定結果をもとに交渉してみてください。

農機具の買取業者は以下3社がおすすめです。

どこも親切、丁寧に査定を行ってくれて、農機具を大切に扱ってくれます。

上記農機具の買取専門業者を利用して、農機具を賢く気持ち良く売却しましょう。

スポンサーリンク

関連記事も多く読まれています!

-買取・査定を探す, 農機具

© 2021 ドライバーズナビ|免許証取得・更新・住所変更・紛失・再発行・中古車買取・車検・自動車保険情報