車検はいつから受けられる?期間・ベストタイミング・注意点を分かりやすく解説

このページでは、車検はいつから受けられるの?お得なタイミングはいつ?注意点は?という疑問を解消します。

  • 車検を受けられる期間
  • 車検を受けるべき期間
  • 車検を予約するベストなタイミング

について分かりやすく解説します。

車検を受けられる期間はいつでもOK

車検には有効期限(車検満了日)があり、有効期限に近くならないと受けられないと思われがちです。

しかし、車検の有効期限に関係なくいつでも受けることができます。

極端な話ですが、車検を受けた翌日にも受けられます。

そのため、有効期限の1ヶ月前からしか受けられないことはありません。

ただし、有効期限を残したまま車検を行うと損をしてしまうことから、有効期限の1ヶ月前くらいに車検を行う人が多いです。

車検の有効期限1ヶ月前くらいに車検を行う人が多い理由

車検は、車検を受けた日から有効期限が2年間あります。(乗用車の場合)

例えば、有効期限を1年残した状態で車検を行うと、1年分の車検にかかる費用(重量税など)を余分に支払うことになります。

そのため、なるべく有効期限が残らないように1ヶ月前くらいから行うのが一般的です。

何らかの事情がある人は1ヶ月より前に車検を行っている

有効期限を数ヶ月分残したまま車検を受けると損をするのは分かっていても、数ヶ月分の車検を残したまま車検を行う人がいます。

例えば以下のような人です。

  • 長期間の入院予定がある
  • 長期間の出張予定がある
  • 長期間の海外滞在する予定がある

何かの予定が入っていて、その間に車検が切れると分かっている場合は、有効期限を数ヶ月分残したまま車検を受ける人もいます。

車検が切れてしまうと公道を走れないためです。

車検は有効期限の1ヶ月前に受けるのがベストタイミング

車検の有効期限を残したまま車検を受けると損をするという理由で、車検の有効期限が切れる数日前まで車検を受けない人がいます。

「有効期限の1ヶ月前に車検を受けるよりも数日前に受けた方が損は少ないよね?」と考えていますが、それは間違いです。

車検の有効期限が1ヶ月以内になれば有効期限は変わらない

例えば、現在の車検の有効期限が3月1日だとします。

2月28日に車検を受けても2月1日に車検を受けても、車検後の有効期限は3月1日のままです。

車検の有効期限1ヶ月以内であれば、本来の有効期限のままなのです。

つまり、有効期限の1ヶ月以内になれば、有効期限の1日前でも1ヶ月前でも有効期限は変わらないんですね。

そのため、有効期限の直前に車検を受けるのではなく、1ヶ月前に車検を受けることをおすすめします。

車検の有効期限から1ヶ月前に受けることをおすすめする理由

車検の有効期限が切れる直前数日前に業者に車検をお願いすると、交換部品の調達に時間がかかるなどの理由で予定していたより日数がかかってしまうことがあります。

タイミングが悪く車検切れになってしまうと、仮ナンバーの取得が必要になり、追加で費用が発生します。

有効期限のギリギリに車検を受けるのは、余分な費用と面倒な手間がかかるリスクが伴うだけ。

何もメリットがありません。

そのため、1ヶ月前に車検を受けるようにしましょう。

※45日前から受けられる特例もある

車検業者の中には、車検満了日の45日前以降の車検であれば、満了日1ヶ月以内に車検を受けた場合の期間と同じ有効期間になる業者もあります。

指定工場の車検業者の場合は、車を検査場に持って行かずに自社工場で検査を実施できます。

そのため45日前に車検を実施し、15日後に車検場に書類を提出してもらうことで、45日前から車検を実施するというものです。

もし車検を受ける工場が指定工場の場合は、45日前から車検ができないか相談してみてください。

気をつけたい車検期間の注意点

車検の有効期間で気をつけなければいけない注意点が3つあります。

中古車の車検期間

中古車を購入後の車検は、購入時の車検の有効期限によって「購入3ヶ月後に車検が切れていた」ということがあり得ます。

そのため、中古車購入時は、購入した車の車検がいつまで残っているのかを必ず確認しておきましょう。

中古車購入時の車検の状態は3つあります。

車検切れの中古車

車検が切れたまま販売している中古車です。

あまり見かけませんが、激安の中古車で車検が切れたまま販売されていることがあります。

車検2年付きの中古車

購入時に車検を通した状態で販売している中古車です。

車検が2年残っている状態で乗り出せるので安心です。

車検残りの中古車

中古車を購入する際に注意が必要です。

残っている車検の有効期限をそのまま販売されていることがあります。

車検残りの車の場合、購入者が車検が切れる前に車検を受ける必要があります。

そのため、どれくらい車検が残っているのかをしっかり確認しておきましょう。

また、車検2年付きで売ってくれないか交渉してみるのもアリです。

車検の予約は数ヶ月前にネットで申し込みしておくとお得

車検の期間については以下2つに分けて考えましょう。

  • 車検を予約する日
  • 車検を受ける日

車検はお願いしてすぐに対応してくれる業者とそうじゃない業者がいます。

その時に混雑状況なども影響するため、車検を予約した後日に車検を受けられると考えておくとスムーズです。

車検を受ける日は、車検の有効期限から1ヶ月以内にすればOKです。

しかし、車検を予約する日は、車検を受ける数ヶ月前にしておくと、早期予約割引で車検が安くなることがあります。

早期予約割引を活用しよう

楽天Car車検では、早期予約割引を導入しており、車検を受ける数ヶ月前に予約すると車検代が安くなる制度があります。

例えば、以下です。

楽天Car車検に掲載中のとある店舗の車検の割引メニューです。

「早期予約割引」があり、車検の有効期限の数ヶ月前に車検の予約をすると6,000円も割引してくれます。

早めに予約すると車検代が安くなるお得な制度があるため、車検の予約は数ヶ月前にしておきましょう。

また、楽天Car車検で予約をすると、割引のほかに大量の楽天ポイントをもらえるキャンペーンを実施しているので、店舗で予約するよりもお得です。

早期予約割引などのネット割引と楽天ポイントがもらえるキャンペーンを合わせると、車検が実質数万円安くなります。

お住まいの地域で車検を受けられる店舗が多数掲載されているので、探してみてくださいね。

>>> 楽天Car車検

車検前にここを抑えておこう!

スポンサーリンク

関連記事も多く読まれています!

-車検

© 2021 ドライバーズナビ|免許証取得・更新・住所変更・紛失・再発行・中古車買取・車検・自動車保険情報