車検の費用を安くする方法と裏ワザテクニック|約5万円安くなりました

2年に1度の車検をむかえるたびに

  • 「車検の費用が高すぎ……!!」
  • 「もっと安くならないの!?」

という疑問や不満を口から漏らしてしまうほど高くて嫌になりますよね。

実際に私は、車検嫌で嫌で仕方なくて、車検という制度自体がなくなればいいのにと心底思っていました。

しかし、安くできるテクニックを活用したら、今までよりも約5万円ほど車検代が安くなりました!

そこで当記事では、極限まで車検の費用を安くするコツとテクニックを余すことなく解説しています。

少しでも車検代を安くしたい場合は、すぐに活用できるようにまとめていますので、そのままご活用ください。

結論:楽天Car車検で予約するのが安くて安心

ズバリ結論から言うと、車検の費用を安くするには、以下3つが基本です。

  • ①:ディーラーで車検を受けない
  • ②:ユーザー車検を利用する(自分で車の点検・整備できる人向け)
  • ③:楽天Car車検で予約する(自分で車の点検・整備できない人向け)

ディーラーでの車検は最も高額なので、安くはなりません。

自分で車検を行うユーザー車検を利用すると最安値です。ただし、自分で車の点検・整備できる人向けです。

そのため、一番間違いなく確実に車検の費用を安くしたい場合は、楽天Car車検で予約するのが王道です。

数多くの車検を扱っている店舗を自分が住んでいる地域から安い順に簡単に見つけられます。

各店舗の口コミもチェックできるので、安心して車検をお任せできます。

>> 楽天Car車検

車検費用を安く節約する2つのコツ!「車検基本料の節約」と「割引の活用」

車検費用を安く節約するコツは、たったの2つしかありません。

  • ①:車検基本料の節約
  • ②:割引の活用

それぞれの方法を解説します。

コツ①:車検基本料を節約する方法

車検費用は大きく分けると2つの費用が発生します。

  • 法定費用:重量税・自賠責保険料・印紙税
  • 車検基本料:整備代・代行代・交換部品代など

「法定費用」は国に支払うお金なので全国一律の金額です。どこで車検を受けても値段が変わりません。節約できない費用です。

節約できるのは「車検基本料」です。

整備代や代行代、交換が必要な部品がある場合は交換部品代と交換の工賃など業者ごとに値段が異なります。

車検の費用自体に差が出るのは、車検基本料の部分です。

そのため、車検基本料が安い店舗で車検を受けるのが大切です。

車検に通すための必要最低限の整備だけにすると「車検基本料」が安くなる

車検基本料は、大体の店舗で以下2つがゴチャ混ぜに入っています。

  • 車検に通すために必要な整備
  • 次回車検まで安心して走行できる予防整備(オプションサービス)

上記2つのうち「次回車検まで安心して走行できる予防整備」はオプションサービスです。

どこまで多く含んでいるかどうかで車検料金が大きく変わります。

良心的な店舗なら、項目ごとに細かく明確に違いや特徴を説明してくれて、どこまでオプションを付けるかを選択させてくれます。

ただし、こちらから聞かないと説明してくれない店舗もあります。

やけに車検見積もり費用が高い店舗の場合は、オプションがたくさん付いている可能性が高いので要注意です。

メモ

車検後すぐに車を売却するなどの場合は、とにかく最低限の整備に抑えてもらい料金を安く済ませましょう。

コツ②:割引を活用する方法

車検を受けられる店舗は、ディーラー、楽天Car車検、近所の車検専門業者などがありますが、大体の店舗で割引メニューが用意されています。

店舗によって様々ですが、以下3つは定番の割引メニューです。

  • 平日割引
  • 代車なし割引
  • 早期予約割引

人によって平日割引や代車なし割引を活用するのは難しいかもしれませんが、早期予約割引は誰でも活用できるものですよね。

車検は早めに予約しましょう。

早期予約割引が適用される時期は、3ヶ月前、6ヶ月前など店舗によるので、確認してみてくださいね。

基本知識①:ディーラーでの車検は費用が最も高額

費用が最も高額になるのがディーラーでの車検です。

例えば、私はトヨタでアクアを購入し、トヨタから車検のお知らせがきて車検の見積もりをしてもらったら10万円でした。

しかし、楽天Car車検を利用してガソリンスタンドで予約したら約5万円だったんですね。

ディーラーでの車検が高くなる理由

ディーラーでの車検は、点検・整備の質が高くアフターケアなども充実していてメリットがあります。

しかし、余分なサービスやオプションが車検の中にたくさん含まれています。

車に詳しくないと、どのサービスやオプションを削ればいいか分からないですし、交渉するのも面倒です。

そのため、車検の費用を安くしたい場合は、最初からディーラーでの車検の選択肢を外しておくのがおすすめです。

ディーラーでの車検をした方がいい人

最初からディーラーでの車検の選択肢を外しておくのがおすすめと書きました。

しかし、ディーラーで車検をお願いした方がいい人もいます。

外車などの専門車を車検に出す人です。

車検を安くできるガソリンスタンドや車検専門店では、外車などの専門車に対応していないお店があります。

また、対応していても、交換部品の調達に時間がかかるなど、安いがゆえのデメリットがあります。

そのため、外車などの専門車を車検に出す人は、ディーラーとその他の業者それぞれで見積もりをしてもらうのがおすすめです。

基本知識②:車検の一番安い方法は「ユーザー車検」だけど難易度が高い

ユーザー車検とは、業者に車検を依頼せずに、自分で陸運局に車を持ち込んで車検をする方法です。

法定費用しかかからないため、車検をする方法の中で費用は最安値です。

車種によって費用は異なりますが、3万円〜受けられます。

しかし、自分で行うため、手間と知識が必要です。

  • 自分で車の整備をしておく必要がある
  • どうすれば車検に通るかを知り対策しておく必要がある

など、車に詳しくないと難しいです。

また、車検を受けても不合格になることがあり、不合格になった場合はどこが悪かったかを見直して再度車検を受けなければいけません。

費用は安く抑えられますが、確実性は低いです。

自分で車の整備・点検ができる人はチャレンジしてみてもいいと思いますが、そうでなければおすすめではありません。

ユーザー車検は、あくまでも自分で車の点検・整備できる人向けの方法です。

基本知識③:楽天Car車検はとてもコスパが良い

車検の費用を安くしたい場合は、楽天Car車検で予約すれば間違いないです。

何よりコストパフォーマンスがとても良いです。

  • 自分が住んでいる地域から安い順に簡単に見つけられる
  • ネット割引があり車検の費用が本当に安い
  • ガソリン代値引きなどの特典が受けられる
  • 大量の楽天ポイントがもらえる

などメリットがたくさんあります。

自分が住んでいる地域から安い順に簡単に見つけられる

自分が住んでいる地域の郵便番号を入力すると、最寄りの店舗が多数表示されます。

そして金額が安い順に並べ替えることができるので、安く車検を受けられる店舗を簡単に見つけられます。

ただし、店舗によって細かい条件に対応してくれるかどうかが変わるので、絞り込み検索で「ここは譲れない!」という項目にチェックを入れれば、当てはまる店舗だけを表示させることができます。

ネット割引があり車検の費用が本当に安くなる

ネット割引をしている店舗が多く、条件に当てはまればどんどん車検費用が安くなります。

割引額は店舗によって異なるので、最寄り店舗の情報を見比べてみてください。

ちなみに、ネット割引がなくてもめちゃくちゃ安いです。

ガソリン代値引きなどの特典が受けられる

店舗によって付いてくる特典に違いがありますが、いくつか特典例を挙げますね。

  • ガソリン代1リットルあたり6円引き(23ヶ月間)
  • BOXティッシュ60箱無料プレゼント
  • ワックス洗車23回無料
  • 6ヶ月点検無料
  • オイル交換無料

他にも店舗によってユニークな特典があり「ここまでやったら赤字じゃないの?」と思うほど、手厚いサービスが充実しています。

大量の楽天ポイントがもらえる

太っ腹な特典だけではなく、楽天Car車検で予約すると楽天ポイントが大量にもらえます。

時期や店舗によって、もらえるポイント数が異なりますが、楽天Car車検でエネオスの車検を予約して実施すると、2,400楽天ポイントがもらえるんです。

貯まった楽天ポイントは、楽天市場でのお買い物や楽天トラベルでの旅行予約、コンビニやスーパーなどで楽天ポイントが使えるお店で1ポイント=1円で利用できます。

楽天Car車検について詳しく知りたい場合は「楽天Car車検の評判・口コミは?メリット・デメリットと利用時の流れを分かりやすく解説」でまとめているので、チェックしてみてくださいね。

車検前にチェックしておくべき項目

車検前にチェックしておけば、車検前に交換が必要な部品をカー用品店などで購入して交換しておくと車検代を安く抑えられます。

特に以下はカー用品店などで購入して交換しておいた方が安いです。

  • タイヤ
  • オイル
  • オイルフィルター
  • バッテリー
  • エアコンフィルタ
  • エアフィルタ
  • 発煙筒
  • ワイパー

タイヤ

タイヤにスリップサインやひび割れがないかチェックしておきましょう。

もしある場合はタイヤ交換が必要です。

タイヤはネットで買うとかなり安いので、ネットで買って交換しておくことをおすすめします。

「ネットで買うと安いのは分かるけど、タイヤが自宅に届き、取付してもらうために運ばなければいけないのが不便」と思っている人が多いですが、便利なネットショップがあります。

タイヤフッドというネットショップで購入すれば、購入と同時に近くのオートバックスやガソリンスタンドなどの店舗でタイヤ交換予約ができ、予約した店舗に行くだけで取付までやってもらえます。

自宅にタイヤが届かないので便利です。

そして何よりタイヤの料金も取付料金も通常より安いのが魅力的。

ディーラーやオートバックス、ガソリンスタンドでタイヤを買うと高いですからね。

>> TIREHOOD|タイヤフッド

エンジン周り

エンジンオイル、冷却水、ブレーキフルード、ウォッシャー液をチェックしておきましょう。

ネットで買うと安いです。

電気・点火装置

点火装置、バッテリー、電気配線などの接続状況が大丈夫かチェックしておきましょう。

電飾系

電球が切れてないかチェックしておきましょう。

ブレーキ

ブレーキの効き具合だけでなくペダルやサイドブレーキ、ブレーキレバーの状態もチェックしておきましょう。

トランスミッション関連

トランスミッションとデファレンシャルの油漏れや油量をチェックしておきましょう。

車検費用が高くなるタイミングで車の乗り換えを検討してみよう

車検費用が一気に高くなるタイミングがあり、場合によっては車を乗り換えた方がお得なことがあります。

初度登録から13年以上経過した古い車

初度登録から13年以上経過すると自動車税は約15%、重量税は約39%高くなります。

また、18年以上経過すると、さらに約10%程度高くなります。

走行距離が10万km以上の車

走行距離が10万kmを超えると、高額な部品交換をしなければいけなくなります。

エンジンベルト、タイミングベルト、ドライブシャフトなど。

まとめ

車検費用を安く節約するコツは、たったの2つです。

  • ①:車検基本料の節約
  • ②:割引の活用

車検基本料を安く節約するには、高額なディーラーでの車検を選択肢から外しましょう。

自分で車の点検・整備できる人は、車検基本料がかからず最安値で車検ができるユーザー車検にチャレンジ。

自分で車の点検・整備できない人は、車検基本料が安くネット割引や手厚い特典が関西の楽天Car車検を利用してお得に予約するのが間違いない方法です。

>> 楽天Car車検

車検前にここを抑えておこう!失敗する前に読みたい車検の知識

スポンサーリンク

関連記事も多く読まれています!

-車検

© 2021 ドライバーズナビ|免許証取得・更新・住所変更・紛失・再発行・中古車買取・車検・自動車保険情報