神奈川県で運転免許証を更新する方法|必要な持ち物・受付時間・期間

このページでは、神奈川県で運転免許証を更新する方法をご紹介します。

神奈川県では、2020年4月16日(木曜)から運転免許の更新業務を休止していましたが再開しています。なお引き続き郵送による運転免許証の有効期限延長が可能です。手続き方法や延長手続きできる人の条件などの詳細はこちらです。

関連:【神奈川県】新型コロナウィルスによる運転免許証更新前の有効期限延長手続き

運転免許証の「有効期限切れ」や「うっかり失効」による更新・再取得は、手続きや料金などが違うため、こちらをご確認ください。

関連:神奈川県で運転免許のうっかり失効(有効期限切れ)をした場合に再取得(更新)手続きする方法

神奈川県で運転免許証の更新手続きが行える場所

運転免許試験場と各警察署(一部除く)で運転免許証の更新手続きが行えます。

神奈川県の運転免許試験場

神奈川県の各警察署

即日交付警察署(川崎警察署、横須賀警察署、鎌倉警察署、小田原警察署、海老名警察署、相模原北警察署)管内に住所がある人。

それでは更新に必要な書類や持ち物、手数料などの詳細を解説していますので、ぜひご覧ください。

神奈川県で運転免許証を更新する際に必要な種類・持ち物

神奈川県に住民登録がある人の免許証更新に必要な持ち物・必要書類は以下の通りです。

  • 運転免許証
  • 運転免許証更新連絡書(はがき)
  • 運転免許証更新申請書及び質問票
  • 証明写真1枚(運転免許センターで手続きする場合は不要)
  • 更新手数料(2,500〜3,850円)
  • 眼鏡・補聴器等(必要な人のみ)
  • 高齢者講習終了証明書(更新時70歳以上の人のみ)

それぞれ決まりがあるものがあるため詳しく解説します。

運転免許証

今お持ちの運転免許証を持参してください。更新の際に提示が必要です。

運転免許証更新連絡書(はがき)

運転免許証の更新をする年の誕生日から35〜40日前に免許証に記載されている住所に届くので持参してください。

もし、運転免許証更新通知書のハガキを紛失してしまった場合や当日忘れてしまった場合は、受付窓口で「ハガキを紛失or無くしてしまった」旨を伝えれば更新手続きが出来るのでご安心ください。再発行してもらう必要はありません。

運転免許証更新申請書及び質問票

用紙は各施設にあるため、事前準備は不要です。

証明写真1枚

各警察署で更新手続きを行う場合は証明写真が必要です。運転免許センターで手続きする場合は不要です。

証明写真は縦3cm×横2.4cmのサイズで、正面、無帽子、上三分身、無背景で6ヶ月以内に撮影したものと決められています。

以下の方法を使えば、証明写真を30円で用意できます。

関連:運転免許証に必要な証明写真を30円で用意する方法【何度でも撮り直しOK】

運転免許証の更新手数料

更新にかかる料金は以下です。各受付窓口で当日支払います。お支払いは現金のみです。(神奈川県収入証紙で納入)

種類料金
優良運転者講習3,000円
一般運転者講習3,300円
違反運転者講習3,850円
初回更新者講習3,850円
高齢者講習受講済者2,500円

眼鏡・補聴器等(必要な人のみ)

眼鏡や補聴器を普段から利用している人は持参しましょう。

高齢者講習終了証明書(更新時70歳以上の人のみ)

更新時に70歳以上の場合は

  • 高齢者講習終了証明書

を持参しましょう。

免許証の更新申請場所と受付時間

運転免許証の更新受付時間は各施設によって異なり、さらに

によっても異なりますので、しっかり確認して間違いが無いようにご確認ください。

運転免許センターでは土曜日、祝日、振替休日及び年末年始(12月29日~1月3日)は受付をしていません。

各警察署では土曜日、日曜日、祝日、振替休日及び年末年始(12月29日~1月3日)は受付をしていません。

年末年始、ゴールデンウィーク、お盆等の期間中の平日及び日曜日、並びに期間前後は、特に混雑するので注意が必要です。

運転免許センターで更新する場合

申請場所区分日〜金
神奈川県運転免許センター優良・高齢8:30~11:00
13:00~16:00
一般8:30~11:00
13:00~15:00
違反8:30~11:00
13:00~14:30
初回9:00~9:50
13:00~13:50

警察署で更新する場合

申請場所区分月〜金
各警察署優良8:30~11:30
13:00~16:30
高齢・一般・違反・初回8:30~12:00
13:00~16:00

神奈川県で運転免許証の更新ができる施設一覧(運転免許センター・警察署)

横浜市内に住所がある違反運転者講習、初回更新者講習に該当する人は、警察署で更新できないのでご注意ください。

また、一般運転者講習、違反運転者講習、初回更新者講習該当者は受付した日とは別の日に講習を受講する必要があります。

警察署で更新できる人の条件は

  • 即日交付警察署(川崎警察署・横須賀警察署・鎌倉警察署・小田原警察署・海老名警察署・相模原北警察署)管内に住所がある
  • 即日交付ブロックとして指定された警察署管内に住所がある
  • 横浜市に住所がない優良・高齢・一般区分
  • 横浜市以外に住所がある全ての人

です。

即日交付警察署については、以下の表を参照ください。

即日交付ブロック(手続場所)指定警察署
川崎ブロック(川崎警察署)川崎、川崎臨港、幸、中原、高津、宮前、多摩、麻生
横須賀ブロック(横須賀警察署)横須賀、田浦、浦賀、三崎、葉山
鎌倉ブロック(鎌倉警察署)鎌倉、大船、藤沢、藤沢北、茅ケ崎、逗子
小田原ブロック(小田原警察署)小田原、平塚、大磯、松田、秦野、伊勢原
海老名ブロック(海老名警察署)海老名、厚木、大和、座間
相模原ブロック(相模原北警察署)相模原、相模原南、相模原北、津久井

各都市別

各都市ごとにまとめていますので、最寄りの場所をご確認ください。

愛甲郡足柄上郡足柄下郡
厚木市綾瀬市伊勢原市
海老名市小田原市鎌倉市
川崎市麻生区川崎市川崎区川崎市幸区
川崎市高津区川崎市多摩区川崎市中原区
川崎市宮前区高座郡相模原市
座間市逗子市茅ヶ崎市
中郡秦野市平塚市
藤沢市三浦郡葉山町三浦市
南足柄市大和市横須賀市
横浜市青葉区横浜市旭区横浜市泉区
横浜市磯子区横浜市神奈川区横浜市金沢区
横浜市港南区横浜市港北区横浜市栄区
横浜市瀬谷区横浜市都筑区横浜市鶴見区
横浜市戸塚区横浜市中区横浜市西区
横浜市保土ケ谷区横浜市緑区 横浜市南区

優良運転者講習対象者

免許継続期間5年以上で、基準日前5年間無事故無違反、かつ重大違反教唆幇助・道路外致死傷をしたことがない方

(高齢者講習該当者を除く。)

優良運転者(ゴールド免許)とは?免許更新期間や講習時間・自動車保険のメリットを解説

申請場所

全ての施設で更新手続きが行えます。

いずれの場所も講習時間は30分です。料金は3,000円。

受付時間

申請場所月〜金
運転免許センター8:30~11:00
13:00~16:00
各警察署8:30~11:00
13:00~16:00
-

一般運転者講習対象者

免許継続期間5年以上で、基準日前5年間に軽微な違反(事故)行為1回、かつ重大違反教唆幇助・道路外致死傷をしたことがない方

(高齢者講習該当者を除く。)

一般運転者(ブルー免許)とは?免許更新期間や講習時間などの特徴・メリットを解説

申請場所

全ての施設で更新手続きが行えます。

いずれの場所も講習時間は1時間です。料金は3,300円。

受付時間

申請場所月〜金
運転免許センター8:30~11:00
13:00~15:00
各警察署8:30~11:30
13:30~16:30
-

違反者運転者講習対象者

基準日前5年間に違反事故などがある方

(軽微違反行為1回のみの場合や高齢者講習該当者を除く。)

違反運転者(ブルー免許)とは?免許更新期間や講習時間などの特徴を解説

申請場所

全ての施設で更新手続きが行えます。

いずれの場所も講習時間は2時間です。料金は3,850円。

受付時間

申請場所月〜金
運転免許センター8:30~11:00
13:00~14:30
各警察署8:30~11:30
13:30~16:30
-

初回更新者講習対象者

免許継続期間が5年未満で、基準日前5年間に軽微な違反(事故)行為1回以内、かつ重大違反教唆等・道路外致死傷をしたことがない方

(高齢者講習該当者を除く。)

初回更新者(グリーン免許)とは?免許更新期間や講習時間などの特徴を解説

申請場所

全ての施設で更新手続きが行えます。

いずれの場所も講習時間は2時間です。料金は3,850円。

受付時間

申請場所月〜金
運転免許センター9:00~9:50
13:00~13:50
各警察署8:30~11:30
13:30~16:30
-

高齢者講習受講者済者

申請場所

全ての施設で更新手続きが行えます。

70歳以上の人の場合は、事前に高齢者講習の受講があるため、更新時の講習はいずれの場所もなしです。料金は2,500円。

受付時間

申請場所月〜金
運転免許センター8:30~11:00
13:00~16:00
各警察署8:30~11:30
13:30~16:30
-

住所地が神奈川県外の方は経由更新が可能

運転免許証の住所が神奈川県以外の方は、住所変更することなく運転免許センターで運転免許の更新ができます。

ただし条件があります。

経由更新できる方の条件

  • 優良運転者の方
  • 免許に身体の障がいによる条件のない方(眼鏡等、補聴器の使用又は特定後写鏡は除きます。)
  • 運転免許証の記載事項に変更のない方
  • 免許証の紛失等により再交付の申請が必要でない方(免許証の紛失等により、再交付の申請が必要な方は、経由更新手続きはできません。)

手続ができる期間

運転免許証の有効期間が満了する日の直前の誕生日の1か月前から誕生日までの間

※通常の運転免許証の更新手数料の他に経由手数料550円がかかります。

更新通知書が来ていないけど更新したい場合は?

  • 急な海外転勤が決まった
  • 長期間の海外旅行に行く
  • 病気などによる入院
  • 出産

などの都合で、更新通知書が来ていないけど事前に更新したい場合は、更新期間前の更新手続きができます。

誕生日前後1か月の更新期間に更新手続きができないことがあらかじめ分かっている場合は、更新しておきましょう。

ただし、更新手続きを行った日からの経過日数に関係なく、1回目の誕生日で有効期間中の1年が経過することになるため、更新期間内での更新手続きを行なった場合よりも有効期間が短くなります。

更新期間前の更新手続きに必要な物

現在お持ちの運転免許証、手数料に加え

  • 海外渡航される方:パスポート
  • 出産のご予定の方:母子手帳
  • 病気などで入院される方:入院期間が記載された診断書

が必要です。

【神奈川県版】運転免許証関連で出来る手続き一覧

神奈川県運転免許センターで手続き可能な事をまとめています。それぞれ詳しく知りたい事がありましたらご覧ください。

本籍が神奈川県以外の人でも住民票の住所が神奈川県内にあれば、神奈川県運転免許センターで手続きが可能です。住民票をお確かめくださいませ。

各所在地の住所と電話番号

【神奈川県運転免許センター(二俣川)】

住所:〒241-0815 神奈川県横浜市旭区中尾1丁目1−1  [ 地図 ]
電話番号:045-365-3111

リンク:神奈川県運転免許センター(二俣川)で出来る手続き・受付時間・行き方・バス・駐車場などの詳細

スポンサーリンク

関連記事も多く読まれています!

-神奈川県, 運転免許センター・試験場を探す, 運転免許更新

© 2021 ドライバーズナビ|免許証取得・更新・住所変更・紛失・再発行・中古車買取・車検・自動車保険情報